うつ病には磁気治療

うつ病には磁気治療が効くというのは、本当なのでしょうか?

TMS(経頭蓋磁気刺激)治療法は、
まだ実験段階の治療方法で、健康保険の適用外となっています。

それに、実施している医療施設が非常に限られている上に、
様々な適応条件があるため、誰でも受けられる治療方法ではありません。

また、TMS(経頭蓋磁気刺激)治療法を実施していても、
うつ病の人は受けられないこともあります。

TMS(経頭蓋磁気刺激)治療法は、
頭の外側から経頭蓋磁気刺激装置によって、
脳細胞に磁力による刺激を与えるというものです。

今のところ適用条件に当てはまっていれば副作用はないとされていますが、
長期的に使用した場合にどうなるかはわかっていません。

さらに、その効果には個人差があり、
一時的にうつ病が改善しても戻ってしまったり、
あまり効果がみられなかったりすることもあるようです。

めざましい効果が確実に得られるというわけではないので、
かかる費用を考えたら二の足を踏むという人が多いでしょう。

いつかはうつ病の画期的な治療法になるのかもしれませんが、
少なくとも健康保険が適用されるまでは他の治療法での改善をオススメします。

分配金は毎月もらった方がいい?

【分配金】を毎月もらった方がいいのか迷うと思いますが、
これはその人の都合の問題です。

まず、【分配金】が毎月もらえる「メリット」は次の通りです。

・生活費の足しにできる
・お小遣いにできる

このように、毎月入金される【分配金】を
「生活費の足し」にしたり、「お小遣い代わり」に使えるという「メリット」があります。

そのため、長期投資する予定が全くない人や年金収入しかない高齢者の方には良いかもしれません。

【分配金】を毎月もらう最大の「デメリット」は、複利の力を生かすことができないという点です。

毎月【分配金】をもらうことによって、儲けを切り崩すことになるので、
複利の力を生かすことができず、お金を増やすことができません。

このような「デメリット」があるため、
長期的な投資を考えている人には不向きです。

つまり、短期投資をするのであれば毎月お金をもらった方が良く、
長期投資をするのであればもらわない方が良いということになります。

どのような投資をしたいのかを考えて、どちらが良いか判断してください。
ビットコイン取引所のおすすめはビットフライヤー?コインチェック?

お歳暮のもらって嬉しいランキング

お歳暮のもらって嬉しいランキングをご紹介しますので、
お歳暮選びの参考にしてみてください。

もらって嬉しいお歳暮の第一位は、「商品券」です。

自分の好きなものと交換でき、
いつでも使えるので便利なのでしょう。

ただ、贈る方としては、金額がまるわかりですし、
ちょっと贈りづらいですよね。

とはいえ、金券ショップなどを利用して、
安く購入するのもいいかもしれません。

そして、第二位は、カタログギフトでした。

これも商品券に通じるものがありますね。

好みに合った、自分のほしいものと交換できるので、
喜ばれているのでしょう。

贈る方としても、商品券よりは価格がわかりづらいですし、
何かしら相手に喜ばれる商品があるでしょうから安心して贈れます。

また、第三位は、お菓子の詰め合わせとなっています。

お子さんがいる家庭はもちろん、
最近は男性にも甘いもの好きが増えていますから、喜ばれる可能性は高いでしょう。

できれば、相手の好みに合わせたお菓子を贈りたいものです。

お歳暮のもらって嬉しいランキングは、とてもシビアな結果になっていますが、
上位二位は何を贈ろうか迷わなくていいので、かえって楽かもしれません。

腰痛にいい椅子とは?

長時間同じ姿勢で座っていると【腰痛】になりやすいため、
運転手さんやデスクワークをしている人は腰痛対策が必要です。

同じ姿勢でいることで、腰周りの筋肉に負担がかかり、
【腰痛】を引き起こしてしまいます。

「椅子」に座れば腰痛が楽になると思われがちですが、
逆に、背中が丸まってしまうことなどから、
立っているときよりも腰への負担は大きくなります。

どんなに意識して姿勢を良くしようとしていても、
座っている「椅子」の高さ・形・素材などにより、
知らず知らずのうちに姿勢が崩れて、
【腰痛】を引き起こしてしまうことも少なくありません。

腰痛用の「椅子」は、座っている時でも、直立に近い姿勢を保つことで、
腰への負担を減らすことが可能になります。

また、座っている状態から立ち上がる時にも、
腰を曲げる必要がない構造になっている為、
腰への負担を軽減できるのも、大きな特徴の一つです。

腰痛用の「椅子」には、低反発素材を使用したもの、
マッサージ機能が備わっているもの、骨盤のゆがみを矯正してくれるものなど、
たくさんの種類があります。

腰痛用の「椅子」を選ぶポイントとしては、
椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減するために、
背もたれが後ろに傾くタイプのもの、
腰の部分が曲線になっていて、腰回りをサポートしてくれるもの、
座面の素材が柔らかすぎないもの、
長時間同じ姿勢にならないように、座幅の広いものを選ぶと良いでしょう。

また、高さの調節ができる肘掛があると便利です。

腰痛用の「椅子」の中で、ダントツの人気を誇るのが、座椅子タイプになります。

腰痛用座いすは、角度調節ができるものが多く、
自分に最適な角度を見つけることが可能です。

自分に合った角度に調節することで、
「椅子」と体に隙間がなくなり、【腰痛】が楽になるでしょう。